ZendFramework勉強会@Tokyoに参加してきました。

ZFではじめる携帯サイト – bayside

携帯サイトをZendFrameworkを利用して作る際に必要となる知識を、全般的にざっと紹介。

FirefoxのUserAgentSwitcherというアドオンは、UserAgentを偽装するだけだけれど、FireMobileSimulatorというのが絵文字なども再現してくれてすごいとのこと。

あとで入れてみよう。。。

思い立ったらZF 〜 今日の目次 〜 – junichiro

CakePHPとZendFrameworkの比較をしながら、それぞれの特徴をざっと紹介。

junichiroさんが使っているZendFrameworkのファイルレイアウトは、githubにあるらしい。ファイルレイアウトに悩んでその先に進むまでが大変なときは、ここから利用させてもらうと便利!→http://github.com/junichiro/zf-starter/tree/master

実際に簡単なコードを書いて、Zend_Formなどを説明。

$ git clone git://github.com/junichiro/zf-starter.git zf-starter

さっそく取得してきてみた。githubの仕様(?)で空のディレクトリはUPできないらしいので、moduleなどは入っていないとのこと。

はじめてのZend_Form – twk

Zend_Formを使ったサンプルコードをたくさん用意して、紹介。

実際みんなどう書いているの?という声がいろんなところで聞かれるので、とても参考になった。

コードはPDTを利用して書いているとのこと。コード補完のために各所にコメントがうめられていて、この一手間をかけることで、コーディングがかなりラクになるのだろうなと思った。


Phwittrについて – heavenshell

Phwitterのソースはcodereposで管理されている→http://coderepos.org/share/browser/events/phpframework/zend_framework/trunk

viewでshort_tagを使うのにRevulo_View_Phtmlcを使っているらしい。

【感想】

実践的な内容が多く、参考になった。

ZFが自由度が高いというのを、複数人のコードの書き方やディレクトリ構成を見ることで、実際に体感した。

自由度が高いために、「できない」ことは少なくなるけれど、「できる」ことだけを集めた後で自分でルールを決めないと、ひとつのプロジェクトでも統一感のない書き方に、簡単になってしまうんだろうなと思った。

自作のZFコンポーネントなど – wads

自作のコンポーネントを紹介してくださいました。

プレフィックスがwadsというのがうけた。

たとえばZend_Cacheとか – noopable

Zend_Cacheの使い方。これは、もう少しじっくり詳しく聞いてみたかった。

ZFにまつわる何か – m-takagi

iPhoneでスライド操作していたのが印象的だった。

ノートPCの壁紙が下地島で撮った飛行機の写真だったのが印象的だった。

ZendFrameworkにバグ報告をする – cocoiti

POSTのときだけatom_xmlが着かないバグがあり、バグ報告をした際のお話。

IRCにくると、案外日本語でバグ報告ができるかも!?

いろいろ – sasezaki

12月の時の参考資料。http://handsout.jp/slide/1027

デバッグ – wozozo

ビューヘルパー作った!

さてさて、いつものことですが、肉に向かいます。いってきます!

コメントは受け付けていません。