MacBookAir(MacOS10.5Leopard)に常に最新のZendFrameworkマニュアルを作成する
に続いて、PHPマニュアルもやってみました。
(順番逆じゃない?というツッコミはさておき・・・)

PHPマニュアルはSVN管理されるようになり、この記事に書いてあるビルド方法は古くなりました。新しいビルド方法は こちら を参考にしてください。

参考にしたのは↓のm-takagiさんのスライド。
http://handsout.jp/slide/11

まずはCVSが入っていなかったのでインストール。
最近SVNとGitばかり使っていたことを再確認させられました。

sudo port install cvs

そしてPhDのインストール。
参考にしたスライドより新しいバージョンのPhDをインストールする必要があるようです。

sudo pear channel-discover doc.php.net
sudo pear install doc.php.net/phd-beta

CVSから日本語ドキュメント関連のファイルを取得

cvs -d:pserver:cvsread@cvs.php.net:/repository login

パスワードを聞かれるので「phpfi」と入力。

cvs -d:pserver:cvsread@cvs.php.net:/repository checkout phpdoc-ja

マニュアルのビルド

cd phpdoc-ja
php configure.php --with-lang=ja
phd -d.manual.xml

phpdoc-jaディレクトリの中にhtmlディレクトリが作成される。
phpdoc-ja/html/index.htmlをブラウザで開く。

できた☆

更新をする場合は、phpdoc-jaディレクトリで↓の3ステップでOK

cvs update
php configure.php --with-lang=ja
phd -d.manual.xml

デザインを変更したい場合は、
/opt/local/lib/php/phd/themes/php/chunkedhtml.php
を編集すればよいとのことですが、いちいちphd -d.manual.xmlをやりなおさなくてはいけない。

sudo vi /opt/local/lib/php/phd/themes/php/chunkedhtml.php

で、
<title>の前に
<link rel=”stylesheet” type=”text/css” href=”phpdoc.css”>
の一行を追加して、phpdoc-ja/html/phpdoc.cssファイルを作成し、そこでCSSでデザインを変更すると楽にデザイン変更ができます。

コメントは受け付けていません。