著者アーカイブ

firefoxに、ScribeFire というプラグインを入れてみた。
ブログの管理画面にアクセスしなくても、ブラウザがブログエディタに早変わりするというプラグインで、WordPress, Movable Type, Drupal, Textpattern, Roller, MetaWeblog API, Blogger, Tumblr に対応しているらしい。
更新を怠っていたブログたちの更新頻度が上がる *かもしれない*

Comments ScribeFire はコメントを受け付けていません。

MacOS 10.5 Leopard から MacOS 10.6 Snow Leopard にアップグレード後、Xcode3.2とmacports1.8を入れたメモ。

まずは Snow Leopard のインストールDVDから Xcode3.2 をインストール。

Xcodeのインストールが終わったら、http://www.macports.org/install.phpからSnow Leopard用の Mac OS X Package Installer をダウンロードし、インストール。

インストールが終わったら、↓のコマンドを実行。

sudo port -v selfupdate

Comments MacOS10.6SnowLeopardにアップグレード後のXcodeとmacports はコメントを受け付けていません。

MacBookAir(MacOS10.5Leopard)に常に最新のZendFrameworkマニュアルを作成する
に続いて、PHPマニュアルもやってみました。
(順番逆じゃない?というツッコミはさておき・・・)

PHPマニュアルはSVN管理されるようになり、この記事に書いてあるビルド方法は古くなりました。新しいビルド方法は こちら を参考にしてください。

参考にしたのは↓のm-takagiさんのスライド。
http://handsout.jp/slide/11

まずはCVSが入っていなかったのでインストール。
最近SVNとGitばかり使っていたことを再確認させられました。

sudo port install cvs

そしてPhDのインストール。
参考にしたスライドより新しいバージョンのPhDをインストールする必要があるようです。

sudo pear channel-discover doc.php.net
sudo pear install doc.php.net/phd-beta

CVSから日本語ドキュメント関連のファイルを取得

cvs -d:pserver:cvsread@cvs.php.net:/repository login

パスワードを聞かれるので「phpfi」と入力。

cvs -d:pserver:cvsread@cvs.php.net:/repository checkout phpdoc-ja

マニュアルのビルド

cd phpdoc-ja
php configure.php --with-lang=ja
phd -d.manual.xml

phpdoc-jaディレクトリの中にhtmlディレクトリが作成される。
phpdoc-ja/html/index.htmlをブラウザで開く。

できた☆

更新をする場合は、phpdoc-jaディレクトリで↓の3ステップでOK

cvs update
php configure.php --with-lang=ja
phd -d.manual.xml

デザインを変更したい場合は、
/opt/local/lib/php/phd/themes/php/chunkedhtml.php
を編集すればよいとのことですが、いちいちphd -d.manual.xmlをやりなおさなくてはいけない。

sudo vi /opt/local/lib/php/phd/themes/php/chunkedhtml.php

で、
<title>の前に
<link rel=”stylesheet” type=”text/css” href=”phpdoc.css”>
の一行を追加して、phpdoc-ja/html/phpdoc.cssファイルを作成し、そこでCSSでデザインを変更すると楽にデザイン変更ができます。

Comments MacOS10.5Leopardに常に最新のPHPマニュアルをCVSから作成する はコメントを受け付けていません。

Dutch PHP Conferenceのスライドが公開されたようです。

http://www.suspekt.org/2009/06/16/dutch-php-conference-the-slides/

中でも気になったのが「Secure Programming with the Zend Framework」というスライド。

Zend Frameworkを使う際、セキュリティ的に気をつけなければいけないポイントと、
各クラスの使い方をまとめてくれています。
既に知っている内容も多いかと思いますが、ZF使い必見のスライドです。

Comments Secure Programming with the Zend Framework はコメントを受け付けていません。

先ほどのzfコマンド(→こちら)を使うと、コマンドラインでZendFrameworkのデフォルトファイルを生成することができます。

ZendFrameworkってディレクトリ構成をどうしたらいいかわからずに先に進めない!という方は、是非お試しください。

http://framework.zend.com/manual/ja/zend.tool.project.create-a-project.html
↑のマニュアルを参考にしました。

「tool」という名前のディレクトリを作成(どんな名前でも可)して、そこに作成していきます。

mkdir tool
cd tool
zf create project

え!これだけ?と、思いましたが、本当にこれだけです。

Comments Zend_Tool_ProjectでZend Frameworkのデフォルトファイル作成 はコメントを受け付けていません。

さて、かなり気になっていたZend_Tool関連のお話です。
CakePHPにはbakeというコマンドがありますが、Zend Frameworkはzfコマンドが使えるようになったようです。(といってもかなり前から・・・私がいかにZendFrameworkサボっていたかがわかってしまいます・・・)

http://framework.zend.com/manual/ja/zend.tool.framework.clitool.html
↑のマニュアルを参考にしました。

phpがインストールされていて、ZendFrameworkソースファイルを取得していることを前提に進めます。
ちなみに私はmacportsのphp5をインストールしています。
ZendFrameworkは/projects/zf/library/Zend/となるように置いています。

まず、

which php
/opt/local/bin/php

でphpバイナリがあるパスを確認します。この場合は、/opt/local/binがそうです。

cd /opt/local/bin

http://framework.zend.com/svn/framework/standard/trunk/bin/
cdコマンドで移動し、上記URLにあるzf.phpとzf.shをコピーします。
zf.shはzfとリネームします。

次にphp.iniでZendFrameworkをinclude_pathに追加します。
(既に設定してある場合は省略)
正しくinclude_pathに指定されたか、を確認します。

php -i | grep include_path
include_path => .:/projects/zf/library => .:/projects/zf/library

これでzfコマンドが使えるようになります。

Comments Zend_Tool_Framework – zfコマンドをMacOS10.5Leopardで使えるようにする はコメントを受け付けていません。

調べたら解決方法ありました。
どうやらCORESERVERがセーフモードのため、PHPをCGI版で動かす設定をドキュメントルート直下の.htaccessに書いていたのが原因のようです。

http://ja.forums.wordpress.org/topic/1927
↑のコメントを参考にし、
ドキュメントルート直下の.htaccessから下記設定部分を削除

vi .htaccess
AddHandler application/x-httpd-php5cgi .php

そして、wp-adminディレクトリに新しく.htaccessファイルを作成し、下記を追加。

vi .htaccess
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php

そしてWordPressの管理画面にブラウザでアクセスすると、無事管理画面が正しく表示されました。

Comments WP2.8にアップグレードしたらCORESERVERで管理画面がデザインくずれした はコメントを受け付けていません。

Mac用のtwitterやWassrのクライアントは、幅をとるものが多く、twitterとWassrそれぞれアプリを立ち上げて見るのがつらい。。。
Windowsだと、twit+twit4WSを縦に並べて使うのがすき。

wasacoは悪くないんだけれど、reply文中に@がつかないのが不便。
wasacoも夏ライオンも、もうちょいスリムになってくれるとうれしい。
WassrだけGTalk経由にして、Adiumで見ていた時もあったけれど、アイコンが出ないのが不便。

で、いろいろ探していたら、Afficheurというアプリを発見。

twitter、Wassrの他にもTumblr、jaiku、identi.ca、Jiskoにマルチポストできる。
リストも設定したサービスすべての発言をまとめてくれる。
Replyするときは、発言する先をReply元のみにセットしてくれる。
素晴らしい。

Comments Mac+twitter+WassrはAfficheurが便利 はコメントを受け付けていません。

githubにgit pushしようとしたら、↓のようなメッセージがでた。
SSH Keyの設定は、githubの説明(ここ)のとおり設定してある。

$ git push origin master
Permission denied (publickey).
fatal: The remote end hung up unexpectedly

よくよく.~/.sshの中を見ると、configというファイルができていた。
中身を見てみると、↓のようになっている。
んっ?id_dsa???そりゃ動くわけないわ。。。id_rsaだもん。。。

$ cat config
Host github.com
  User git
  Port 22
  Hostname github.com
  IdentityFile ~/.ssh/id_dsa
  TCPKeepAlive yes
  IdentitiesOnly yes

というわけで、「IdentityFile ~/.ssh/id_dsa」部分を「IdentityFile ~/.ssh/id_rsa」に書き換え。
ついでに、同じく~/.sshの中にあるknown_hostsというファイルから、「github.com」で始まる一行を削除。

気を取り直してgit pushすると、できた☆

Comments githubでPermission denied (publickey). はコメントを受け付けていません。

CORESERVERにSSH接続する際の手順が面倒だ。。。
1.管理画面上からホストを登録しなくてはいけない。
2.ホストを登録してからSSH接続できるようになるまで数分かかる。
3.SSH接続の際のパスワードがCORESERVERから発行されたものなので、覚えていられない。

と、思っていたら、どうやらSSH公開鍵認証でSSH接続ができるとのこと。
やってみた。
結果。。。
ホスト登録しているIPからは、SSH公開鍵認証できたが、IPが変わると管理画面上からホスト登録しなおさなくてはいけないようなので、パスワードをコピペする手間が省けた程度のメリットだろうか。。。

[CORESERVER側で下準備]

まずはSSHでCORESERVERにログイン。
(CORESERVER管理画面でssh登録を事前にすませておく)

ssh [ユーザー名]@s[数字].coreserver.jp
[ユーザー名]@s[数字].coreserver.jp's password:

パスワードを入力し、Enter。
ホームディレクトリに.sshというディレクトリを作成し、その中にauthorized_keysというファイルを作成。

$ mkdir .ssh
$ mkdir chmod 700 .ssh
$ cd .ssh
$ touch authorized_keys

[Mac側でSSH公開鍵を作成]

ターミナル上で「ssh-keygen」と打つと、「/Users/[ユーザー名]/.ssh/id_rsa」というファイルで作ってよいか聞かれる。
パスやファイル名を変更したい場合は、直接指定。
聞かれたとおりでよければ何も書かずにEnter。
パスフレーズを2回聞かれるので、入力してEnter。

$ ssh-keygen
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/Users/[ユーザー名]/.ssh/id_rsa):
Enter passphrase (empty for no passphrase):
Enter same passphrase again:

[SSH公開鍵ファイルをMacからCORESERVERにコピー]

作成した鍵ファイルをscpコマンドでCORESERVERにコピー。
(鍵ファイルへのパスは、↑でEnter file in which to save the keyで聞かれたときのもの)

$ scp /Users/[ユーザー名]/.ssh/id_rsa.pub [ユーザー名]@s[数字].coreserver.jp:~/.ssh
[ユーザー名]@s[数字].coreserver.jp's password:
id_rsa.pub                                              100%  638     0.6KB/s   00:00

[CORESERVER側で鍵ファイルを設定]

authorized_keysファイルにid_rsa.pubの内容を追記。

$ cat ~/.ssh/id_rsa.pub >> ~/.ssh/authorized_keys

[今後SSH接続するときは]

↓だけで、パスフレーズを利用してログインできるようになる。

$ ssh [ユーザー名]@s[数字].coreserver.jp

Comments Mac OS10.5 LeopardからSSH公開鍵認証でCORESERVERにログイン はコメントを受け付けていません。