“未分類” カテゴリのアーカイブ

今年も秋の大イベント PHP Matsuri が開催されます!

PHP Matsuri 2011 リレーブログ
昨日の @cakephper さんから引き継ぎ、本日は lllnorikolll が書きます。

PHP Matsuri の魅力については、これまでのリレーブログに沢山かかれてあるので、ここでは割愛します。
本日は、今までの リレーブログ を読んで、行ってみたいけれどもいまひとつ踏み切れないそんなあなたの背中をそっと押すことにしましょう…。

世界中の PHPer が利用している フレームワーク の コアデベロッパ と、日本で直接話すことがでるイベント。

国内の様々な PHPer の開発スタイルをその目で見ることができる唯一のイベント。

来年はイベントチケットが即日完売で行けないかもしれない。

来年は 伊丹空港経由 大阪 で開催されないかもしれない。
(↑最後のは飛行機好きな個人的都合です…。

迷っているのなら、思い切って行ってみませんか!

踏み切れない理由は何でしょう。よく考えてみることにしましょう。

ケースその1. だって知り合い誰も行かないって言うし…。

そんなあなた!大丈夫です。
「もう仲の良い人が決まってしまっていて、入りづらかったりなんていうことありませんか?」
↑先日、隣のデスクの某氏を PHP Matsuri に誘ったときに聞かれました。
そんなことはありませんよ!
私も初めてイベントに参加したときは知り合いが誰もいなかったのですが、積極的に話しかけることで、すぐにうちとけました。一人だって平気です!

ケースその2. だって 伊丹空港 大阪 遠いし…。

そんなあなた!大丈夫です。
海外ゲストは、もっと遠いところをはるばる日本にやってくるのです。
彼らに普段会おうと思ったら、パスポートをもって、国際線に乗って、時差があるんですよ!
伊丹空港 大阪は、パスポートも不要です。国内線でOKです。時差もありません!

ケースその3. だって高いし…。

そんなあなた!大丈夫です。
実は私、PHP Matsuri 2011 の翌日に、アメリカで開催される ZendCon2011 に参加予定なのですが、ZendCon2011 はカンファレンスだけでも(今買うと)1,095ドル(だいたい8〜9万円)もするんです!
あきらかに PHP Matsuri費用対効果ありすぎです。

どうでしょう。参加する決心つきましたか?

では、 →こちら からお進みください。

では最後に、ここ数年の ケーキ集をご覧ください。

2008年の CakePHPカンファレンス東京

当時のCakePHP開発マネージャであるGarrett J. Woodworth氏と Cake ( photo by Kiryu Tsukimiya )

2009年の CakeMatsuriTOKYO2009

CakePHPコアデベロッパ Graham Weldon氏とJoel Perras氏と Cake

2010年の PHP Matsuri 2010

各種フレームワークコアデベロッパ Graham Weldon氏 ( CakePHP ) , Kris Wallsmith氏 ( Symfony ) , Joel Perras氏 ( Lithium ) , Nate Abele氏 ( Lithium ) と Cake

リレーブログ、明日は @remore さんです!

そして、この記事を読んでくださった方々と、PHP Matsuri 2011 当日、伊丹空港 大阪でお会いできることを楽しみにしています☆

【備考】
当記事では、伊丹空港という文字を多用したので、イベントへの参加は空のルートを使わなければいけないのかという疑問を持たれた方もいらっしゃるかと思います。(いない?
lllnorikolll が飛行機が好きなだけです…。
陸のルートでは、 N700 という窓側・壁側に電源を完備しネットも HOTSPOT を使うことができる素晴らしい新幹線もありますよ。

Comments PHP Matsuri 2011 への参加を迷っているあなたへ はコメントを受け付けていません。

下準備 – まずはXcode Toolsをインストール

http://connect.apple.com/
このページの右上にApple IDとPasswordを入れてログイン

Downloadsリンクをクリックし、右側のDownloadsの一覧からDeveloper Toolsをクリック。Xcode 3.1.2 Developer Toolsの項目からXcode 3.1.2 Developer Tools DVD (Disk Image)をクリックしてダウンロード保存。(現在の最新バージョンが3.1.2。この数字は都度最新のものになると思われる。)

ダウンロードしたdmgファイルをダブルクリックするとマウントされ、表示されたXcodeTools.mpkgをダブルクリック。インストーラーが表示されるので、流れに沿ってインストール完了までする。

いよいよMacPortsのインストール

http://svn.macports.org/repository/macports/downloads/
から、一覧のMacPorts-で始まっているもののうち、数字の一番大きいもの(最新版)をクリック。現在はMacPorts-1.7.0が最新。
表示されたものの中からMacPorts-1.7.0-10.5-Leopard.dmgをクリックしてダウンロード。(1.7.0部分はその前にクリックしたものと同じ数字になると思われる)

インストール完了後の設定

いろいろネット上で調べていると、ホームディレクトリの.bashrcファイルに環境変数を追加と書いてあったりするが、ホームディレクトリの.profileファイルにインストールと同時に自動で環境変数が追記してあったので、特に設定なし。

MacPortsのアップデート

ターミナルを起動し、下記コマンドを入力して実行する。

$ sudo port -d selfupdate
$ sudo port -d sync

以上でMacPortsのインストールが完了。
使い方などはHowTo/UseMacPorts – MacPortsWiki-JPが参考になりました。

Comments MacBookAir(MacOS10.5Leopard)にMacPortsをインストール はコメントを受け付けていません。

phpspot開発日誌で紹介されていたConcrete5というPHPでできたCMSをこのブログをのっけているCORESERVERというレンタルサーバーにのっけてみました。

【のっけてみたページ】
http://c5.lllnorikolll.com/

【phpspot開発日誌での紹介ページ】
http://phpspot.org/blog/archives/2008/11/phpmysqlcmsconc.html

【Concrete5ご本家サイト】
http://www.concrete5.org/

インストールは、ありえないほど簡単!
ご本家サイトのダウンロードボタンからソースをダウンロード。

ダウンロードしたzipファイルを回答して、その中に入っているファイルたちをFTPでCORESERVERにUP!
そのままブラウザでアクセスすると初期設定画面が表示される!

データベースはMySQLで文字コードはutf-8で作っておいて、あとは初期設定画面に入力して設定するだけ!
もうこれで動いちゃう。

他のレンタルサーバーの場合はGDモジュールが入っているかどうか確認したほうがよいらしいことを、こちらのページ→(http://d.hatena.ne.jp/YOSIZO/20081107/1226047877)で発見。

つくりが多言語対応にはなっていないようなので、日本語化されるのはまだ先のことかもしれませんが、とにかく直観でも操作できちゃうくらいの管理パネルの使いやすさ。

ご本家デモサイト(http://www.concrete5.org/demo)で体感してみてください。

ただし、デモサイトで使用しているテーマはlang=”en”でcharset=iso-8859-1″なので、日本語が一部文字化けします。
これは日本語OKのテーマを作成すればよいだけのことなので、ご安心あれ。(phpの中身的に日本語まずいかどうかはまだ見きれていないけれど)

MODxに挫折し、Drupalではものたりない私に、Concrete5は何かをもたらしてくれそうな予感がする。。。しばらくhttp://c5.lllnorikolll.com/は、実験場として使い倒す予定。

テーマつくってみたいーとかいう方いましたら、アカウント発行しますのでコメントくださいー。

Comments Concrete5をCORESERVERにつっこんでみた はコメントを受け付けていません。

以前、MacからWindowsXPProにリモートデスクトップできないの?という質問を投げかけたところ、
Remote Desktop Connection Client for Mac
というソフトを教えていただきました。

で、今日はそれを試してみました。
今回はMacとXPは別のネットワーク上にあったので、まずはVPN接続するところからスタート。
そのメモメモ。

【VPN接続】
 システム環境設定からネットワークを選択。
 サービス一覧の左下の「+」マークから新しいサービスを追加。
  インターフェイス項目でVPNを選択。VPNタイプを選択し、サービス名を入力。「作成」ボタンで作成。
 サーバーアドレス、アカウント名、パスワードなど、を入力し、「適用」ボタンをクリック。
 「接続」ボタンで接続

【Remote Desktop Connection Client for Macインストール】
 ↓からRemote Desktop Connection Client for Macをダウンロード。
  http://www.microsoft.com/japan/mac/download/rdc/rdc20.mspx
 インストール方法は↓を参考に。
  http://www.microsoft.com/japan/mac/collaboration/rdc/001.mspx

【リモートデスクトップ】
 インストールしたRemote Desktop Connectionを起動し、コンピュータにローカルIPを入力して「接続」ボタンをクリック。
 ユーザ名など認証を聞かれるので、入力して接続。

Comments MacからVPN接続+リモートデスクトップ はコメントを受け付けていません。